『シー・ディス・スルー・アンド・リーヴ』ザ・クーパー・テンプル・クロース レビュー

スピードボールミュージック

<UKロック>とは、単にイギリス圏のロックミュージックを指すだけの言葉ではなく、 ひとつのジャンルとしての意味合いも含んでいる。 たとえばイギリス人がプレイしていても「これはUKロックじゃないよね」と感じることが皆さんにもあるはず。 そのUKロックらしさを凝縮した音をかき鳴らすのがザ・クーパー・テンプル・クロースだ。

ファーストアルバムの『シー・ディス・スルー・アンド・リーヴ』は、 まるでインディダンス(マッドチェスター)バンドがUKパンクをプレイしているかのようだ。うねるグルーブに陶酔していると、激しくなった揺れに叩き起こされる。深い酩酊感と激しい覚醒感が交互に訪れ、やがて渾然一体となりエクスタシーとなる。それを可能にしているのは、全体を覆うサイケデリックであろう。「サイケの感覚は先天的なもの。持って生まれなければ身に付けることは出来ない」とはサイケデリックバンドの雄、スピリチュアライズドのジェイソン・ピアースの名言である。ならば、ザ・クーパー・テンプル・クロースのメンバー達は間違いなくナチュラル・ボーン・サイケデリアだ。

評点(10点満点)

【8点】過小評価されている。

Supported by APAAPI
See This Through and Leave
メディア:CD
奏者:Cooper Temple Clause
マケプレ価格:¥ 363
発売元:Morning
発売日:2002年02月11日
在庫状況:マケプレ在庫あり
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
次の記事:
愁いを帯びたサイケデリア

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る