『キック・アップ・ザ・ファイア・アンド・レット・ザ・フレイムズ・ブレイク・ルース』ザ・クーパー・テンプル・クロース レビュー

愁いを帯びたサイケデリア

ザ・クーパー・テンプル・クロースのセカンドアルバムだが、パンキッシュな攻撃性がファーストよりも後退したため、前作よりも評価を下げる人が多いようだ。

しかし、それを補って余るのがソングライティングの進化である。愁いを帯びたメロディーは衝動を抑制されつつも、いつ爆発してもおかしくないような緊張感をたたえている。

特にM3「ニュー・トイズ」とM6「ブラインド・パイロッツ」はコールド・プレイに代表される、メロディックなバンドが好きな人にもアピールするものがあるだろう。だが、ザ・クーパー・テンプル・クロースは良い意味でもっと行儀が悪い。美しい曲を奏でていても、その奥には混沌とサイケが渦巻いている。それがザ・クーパー・テンプル・クロースの魅力のツボだ。

評点(10点満点)

【8点】ルックスも良い。

Supported by APAAPI
キック・アップ・ザ・ファイア・アンド・レット・ザ・フレイムズ・ブレイク・ルース
メディア:CD
奏者:ザ・クーパー・テンプル・クロース
販売価格:¥ 356 (参考価格: ¥ 1,944)
発売元:BMG JAPAN
発売日:2005年01月26日
在庫状況:在庫あり
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
前の記事:
スピードボールミュージック
次の記事:
オーデション?

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る