『トランスフォーマー』レビュー

変形ロボットは男のロマン

とにもかくにも単純明快、ロボットに変形する戦闘機や車が人類を巻き込んで未曾有の戦闘を始めるというこの映画。『トランスフォーマー』は、予告編を観て気に入った人なら満足すること請け合いの超ド級アクション映画なのだ。

───カタール国内の米軍基地に数か月前に墜落したはずの戦闘ヘリコプターが帰還した。基地に着陸したそのヘリコプターは突如人型ロボットに変形して未知の武器で攻撃を仕掛けてきた───

映画『トランスフォーマー』には、人生の教訓や糧になるような要素は微塵もない。しかし、あんぐりと口を開けて見入ってしまうような映像体験は天こ盛り。娯楽映画に於ける映像表現をネクストレベルに引き上げた里程標になるであろう必見の一本だ。

「米軍が全面協力」なんて売り文句を聞いて、「また米軍のプロパガンダか」と眉をしかめる人もいるだろう。だが軍用機から変形するロボットをすべて悪役にすることで本作は上手くバランスを取っていると思う。その手の映画が苦手な人でも比較的楽しめるだろう。

冒頭で本作をアクション映画と評したが、正確にはアクションコメディだったりする。シリアスなアクションシーンが終わるとコメディで一息つける構成なのだが、このコメディのパートが意外とイケる。実に下らな面白くてかなり笑った。アメリカンコメディが好きな人にも『トランスフォーマー』はおすすめだ。

ストーリーはご都合主義で突っ込みどころ満載だが、そもそも巧妙なプロットを求めるタイプの映画ではないのだからこれで良い。観客が本作に求める大迫力のロボット戦闘シーンはこれでもかと詰まっている。『トランスフォーマー』は、ロボットを全面に押し出した実写映画として過去最高の作品である。

評点(10点満点)

【8点】子供も大人も楽しめる。

Supported by APAAPI
トランスフォーマー ムービー ブロウル MD-03
メディア:おもちゃ&ホビー
マケプレ価格:¥ 15,800 (参考価格: ¥ 2,376)
発売元:タカラトミー
発売日:2007年06月02日
在庫状況:マケプレ在庫あり
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
前の記事:
母、帰る
次の記事:
人が人であるために

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る