『キスト』レビュー

永遠の片想い

───幼いころから<死>に特別な興味をもっていたサンドラ(モリー・パーカー)。大人になり斎場で働き始めた彼女は、遺体を教会へ車で運ぶ最中に初めて死体とのキスを経験する。そのキスは彼女に愛の悦びをもたらした。やがて彼女に想いを寄せるマット(ピーター・アウターブリッジ)が現れ───

『キスト』は、ネクロフィリア【屍体愛】を描いた映画。とは言え、ホラーやポルノではなく、サブカル系少女漫画に近い感覚の映画である。屍姦のシーンもあくまでファンタジックに描写され、観ていて気分が悪くなることはない。

女性であるリン・ストップケウィッチが監督・脚本を手掛けた本作は、男根主義に陥りがちな、あまたの映画とは違う視点から世界を見ている。詩的で、あたたかい眼差を二人に向けるような演出で包み込まれているが、その中には悲劇的なまでの孤独さがゴロンと転がっている。男性の方は二人の結末を受け入れがたいかもしれない。しかし、この映画は観るものに愛と性、そして死を見つめ直すきっかけを与えるだろう。

重厚なテーマを掲げているけれど、肩肘を張らずに、一風変わった青春映画として鑑賞することが出来る作品です。ミニシアター系の作品が好きな人なら、『キスト』は長く心に残る一本になるでしょう。

評点(10点満点)

【7点】女性におすすめ。

Supported by APAAPI
キスト [DVD]
メディア:DVD
監督:リン・ストップケウィッチ
販売価格:¥ 4,700
発売元:日本ヘラルド映画(PCH)
発売日:1999年08月18日
在庫状況:通常1~2営業日以内に発送
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
前の記事:
やさぐれエクソシスト
次の記事:
ノスタルジアの肩越しに覗く現実

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る