さくらのレンタルサーバーとロリポップのチカッパプランを比較

どちらが使える?

初心者向けのレンタルサーバーとしてスタートしたロリポップは、「ウェブサイト」よりも「ホームページ」という言葉が似合うライトなサービスでした。

しかし、数々の機能が追加された今では、さくらインターネットのレンタルサーバーと肩を並べるまでになっています。

そこで、さくらのスタンダードプランと、それに競合するロリポップのチカッパプラン、それぞれの機能を比較してみました。

(注) 本稿の最終更新日は2011年1月です。契約される際は、サービス内容の最終確認を公式サイトにてお願いします。
サーバーロリポップ!さくらインターネット
プランチカッパスタンダード
月額料金\630\500
年間一括\6,300\5,000
初期費用\1,575※脚注\1,000
ディスク容量30GB10GB
バックアップありあり
PHP4-※脚注
PHP5
php.iniの編集特定項目のみ
MySQL 55個1個
CRON10個5個
CRONの最小毎分1分60分※脚注
SSH
共有SSL
FTPS
マルチドメイン100個20個
メールアドレス無制限無制限
メーリングリスト10件10件
転送量制限10GB/1日非公開

どちらも実装されている機能はほとんど同じです。それぞれの機能で使える容量や個数などは、チカッパプランが月々130円高いだけあって、ほとんどの項目で上回っています。

また、さくらを使ったことがある方ならご存知の通り、さくらは、転送量と負荷の制限を厳しめに設定しているため、503エラーが出やすいです。

しかし、それは同じサーバーに同居している他のユーザーも高負荷をかけられないということ。そのためか、「振り分けられるサーバーによって当たり外れがある」というレンタルサーによくある話をさくらではほとんど聞きません。

ブランドや安定感で選ぶならさくらのスタンダードプラン。機能面を重視するならロリポップのチカッパプラン。といった具合ですね。

脚注

初期費用キャンペーン

ロリポップは、「ムームードメインで取得したドメインを用いての申込み」や、「他レンタルサーバーからの移転」をすると、初期費用が半額や無料になるキャンペーンをほぼ随時開催しています。

CRON

さくらのレンタルサーバーでも、1分ごとに実行するCRONを設定すること自体はできます。

しかし、“実行頻度が1時間以内に連続する場合や、CPU処理時間が60秒以上連続で利用される場合、予告なく設定解除される場合があります。”という注意事項があるため、比較表では「60分」としました。

PHP4

PHP4は、既にサポートが終了したバージョンなので、使用は自己責任になります。今後、提供が終了する可能性が高いでしょう。

公式サイト

前の記事:
昔ながら
次の記事:
線路の向こう

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る