ロリポップ!サーバーのエラーページをお手軽に変更する

.htaccessファイルだけで

レンタルサーバーのロリポップ!は、値段の割には使えるけれど、ページが見つからないときなどに表示されるエラーページが広告だらけなのがちといただけない。

このロリポップ!サーバーのエラーページは自分で作ったページに変更することも出来るのだけど、エラーページ用の HTML ファイルを作るのが面倒でそのままにしているユーザーも多いはず。

しかし!シンプルなメッセージを表示するだけのエラーページで構わないならば、.htaccess ファイルに下記のようなエラーメッセージの設定を書き加えるだけでエラーページを変更できます。("#"で始まっている行はコメントなので無くてもかまいません)

#HTTP Error
ErrorDocument 403 "403 Forbidden"
ErrorDocument 404 "404 Not Found"
ErrorDocument 500 "500 Internal Server Error"
ErrorDocument 503 "503 Service Unavailable"

たったこれだけで、いかにもロリポップ!から間借りしている感じ全開のエラーページから脱出できますよ!

余談

ちなみに下記のように default を指定すると Apache にハードコードされているメッセージに戻せる筈なのですが、ロリポップ!サーバーだと Additionally Error として「500 Internal Server Error」も出てしまいます。そのため前述のように、表示するメッセージを指定する方法を選択しています。

ErrorDocument 404 default

初心者向け手順解説

以下は「.htaccess ってなに?」と言う初心者向けの手順です。

  1. 適当なファイル名のテキスト文書を新規作成して前述の内容を書き込んでください。その際に重要なのは、最終行の末端に必ず改行を入れることです。今回の場合だと「ErrorDocument 503 "503 Service Unavailable"」の最後で改行します。
  2. 作成したテキスト文書をアップロードします。
  3. アップロードしたテキスト文書のファイル名を .htaccess に変更します。頭の"."は必須なので忘れずに入れましょう。
  4. パーミッションを604に変更します。

以上で完了です。ホームページ内の存在しないページに飛んでみてロリポップ!のエラーページが表示されなければ .htaccess ファイルは正常に動作しています。

.htaccess ファイルに記述ミスがあると、「500 Internal Server Error」が起きてすべてのページが表示されなくなるので注意してください。その場合は、.htaccess ファイルを削除すると元に戻ります。

公式サイト

前の記事:
その真偽はいかに
次の記事:
お手軽レンタルサーバーの代表格

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る