『時効警察』鑑賞日記

いえ、ただの趣味です

第一話‐イイ!

うふふふ!ドラマ『時効警察』が面白い!あ~、毎週楽しみにできるドラマなんて『タイガー&ドラゴン』以来だよ。オダジョーがおしゃれすぎるのが気になりますが…。ヴィンセント・ギャロなんかも、役に不相応におしゃれな服を着てますよね。そういえば、二人はなんだか同じ匂いがします。

第二話‐さてさて

初回が面白いドラマは結構あるけれど、二話目からグッとつまらなくなるパターンも多々。さて、『時効警察』は?というと…面白かったよ!小ネタをちりばめていて、演出がちょっと堤幸彦監督っぽい。あー、こういうの好きだな~、ふふふ。前回に引き続きオダギリ・ジョーが着てたジャージが格好いい!なんだか新しいジャージが欲しくなってきました。

第三話‐ジャージ

一話二話と、オダギリ・ジョーさんが着てるジャージがイケてる。このドラマでは毎週違うジャージを着るのかな?と、ジャージ好きの私は、変な期待をして観る。

今週は…ジャージなし!がっくし。いや、がっかりするほどのことじゃないのだけど。とか思ってたら来週の予告でオダジョージャージ!!いや、興奮するほどのことじゃないのだけど。うん。

『ごくせん』で仲間由紀恵さんが毎週違うジャージを着てるのが話題になったけど、あれは一種のコスプレ。オダジョーは普段から着てそうな雰囲気なので、やっぱ期待しちゃうんです。肝心のストーリだけど、今回は今一つかな?麻生久美子さんがもっとフィーチャーされてるほうが面白い気がします。

第四話‐ん゛~!

いまさらだけど、このドラマって毎回脚本家と演出家が違うんですね。今夜の脚本演出は園子温さん。詳しくは知らないのだけど、過去にサンダンス映画祭で審査員特別賞をとってるらしい。とがった内容になるのかと思ったのだけど、意外に普通でしたね。

同じく、監督が毎回違うドラマに『濱マイク』があるけど、あれは視聴率が低かったそうで…。すごく面白かったのにな、『濱マイク』。『時効警察』はどうなのかな?とりあえず、私の周りは観ている人が多いです。

ところで、『時効警察』オフィシャルサイト(現在は公開終了)で「誰にも言いませんよ」カードのPDFファイルがダウンロードできるんですね!(Specialコンテンツの「誰にも見せませんよ」日記にあります)友達に教えてもらうまで気付きませんでした。毎回カードのふちの色が違うんなんて、芸が細かいですね。

そうそう、オフィシャルサイトでは、エキストラも募集してますよ!オダギリ・ジョーさんと麻生久美子さんに会えるかも?

第五話‐メガネ

きたね!面白かったね!!くだらなさに磨きがかかってきて良い按配です。重そうに持っていたダンボール箱の中身がスカスカだったりね。それに対するツッコミが一切ないあたりがまた!ツボです。

お待ちかね(?)のジャージも登場しましたが、う~ん、あれはオダギリ・ジョーさんじゃないとちょっと着れないなー。ダサ格好良いのギリギリきわなジャージでしたね。

それにしても今回の白眉は麻生久美子さんの黒ぶちメガネ姿でしょう。ええ!メガネ女子好きな男子は、萌えに萌えたんじゃないでしょうか。

あ!そういえば今回はじめて気付いたのですが、最後の「この物語はフィクションです」テロップに、なんか色々と書いてあったような…。確認しないと!次回放送の楽しみが増えました。うん、というわけで『時効警察』はおすすめです!

第六話‐恋に時効はない♥

今回も楽しかったですねっ。こんなに面白いドラマが、たったの全九話だなんて!あと三話だなんて寂しすぎます。

残すこと僅かですが、霧山君と三日月君は、くっつかなのでしょうか?まぁ、桐山君に袖にされたときの麻生久美子さんの可愛さがこのドラマの肝なので(そうですよね?)、くっつかないか…。テレ朝のこの枠は続編をやることが多いので、評判が鰻上りな『時効警察』は次作があるでしょう。なので、二人の関係は持ち越しかな…。

ところで所謂パンクファッションをしていた三日月君を霧山君が「ナンシー」と呼んだり、「いーの、いーの、ブライアン・イーノ」とか、細かいロックネタが良いですね。

第七話‐フィクションのおことわりテロップ

そろそろ最終回へのカウントダウン開始ですね。

第五話で始めて気が付いた、「このドラマはフィクションであり~」のテロップのお遊び。ほんの一瞬しか表示されないので、今回のを録画して書き出してみました。

僕の妹にフィクションに似た言葉は?と聞いたところ
イリュージョン犬のジョン・ファッション・合掌・柚子胡椒・あちょー・絶好調・金賞浜ショー・戦国武将・国際宇宙ステーション・東証・和尚・四川省新人タレントオーデション・あんたが大将・踊らにゃ損、損 などと返事がきましたが、
このドラマはフィクションであり
登場人物・団体名等は、すべて架空のものです。

ふふふ、びっくりするくらいどうでもいい内容ですね!こうなると、いままでのも読んでみたい…。

第八話‐セーラー服

残すは最終回だけになって、いよいよ笑いが尖ってきましたね。うっすら狂気を孕んでいて、良い感じに熟してます。

今回のクライマックスはオダギリジョーさんと麻生久美子さんの(ダサ)セーラー服コスプレで決まり!ある意味、永久保存版でしょう!

さて、次回ですが、なんと!予告編に鳥肌実が!ぎゃー、これは必見も必見。最後の最後まで楽しませてもらえそうでね、『時効警察』は!

第九話‐さよなら

『時効警察』、終わってしまいましたね。久々に見甲斐のあるドラマでした。第一話で主人公とヒロインが出逢って、ぐっずらぐっずら下らないすれ違いを繰り返して最終回の最後10分でくっついて終わり。なんてのは食傷気味で観る気もしないけれど、『時効警察』みたいなのは大歓迎です。是非ぜひ、続編を作って欲しいです。

最終回も面白かったです。"二度見"の練習をしながら観賞しました(笑)。鳥肌実さんは、とにかく最高だったけど、りょうさんはね、どうなんでしょう。どちらかというと、つぐみさんをメインに見たかったです。

オダギリジョーさんの霧山君と、麻生久美子さんの三日月君にまた会えることを祈りつつ、さようなら…。

帰ってきた!!

金曜深夜に霧山君と三日月君が帰ってきた~!!というわけで『帰ってきた時効警察』鑑賞日記へ続く!!

Supported by APAAPI
時効警察 DVD-BOX
メディア:DVD
監督:三木聡
販売価格:¥ 23,800 (参考価格: ¥ 20,520)
発売元:角川エンタテインメント
発売日:2006年06月23日
在庫状況:在庫あり
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
前の記事:
Yahoo!ショッピングのデータを所得
次の記事:
スタイルシートでレイアウト

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る