『グータンヌーボ』スイーツ&レストラン鑑賞記

ガールズトーク!

なごんだ雰囲気のトークで、女性芸能人の素を垣間見ることができるテレビ番組の『グータンヌーボ』

毎回違うカフェやレストランでまったりトークするのだけど、それらのお店や、ゲストが持ち寄るデザートが結構気になるところ。そこで、登場したスイーツの覚え書きとして鑑賞記をつけることにしました。

ちなみに、ロケで2軒目に行く大きな水槽がいっぱいあるアクアリウムレストランは、麻布十番ライムですよ。

第239回

今回は、超久しぶりに1MC+2ゲストでガールズトークする通常パターンでした。ゲストはJUJUさんと小池栄子さんです。

最近の『グータン』は合コンをやっているので、小池栄子さんが「いた?イイ男」と聞くとロケMCの優香さんは「いないですね(笑)」と返答。

最近の夫婦生活を聞かれた小池栄子さん。「うちの夫婦の形って、本当に参考にならないってくらいお互い自由だから」とのこと。それぞれの予定を優先させてるから、「昔のドラマでいう“週末婚”みたい」だそうです。

JUJUさんは辛いときの方が曲が作れるそうで、「ハッピーな曲なんか絶対書けないです」とのこと。これを聞いた小池栄子さんが「“おどるポンポコリン”とか作れなくない?あんなハッピーな曲」と言うと、「あれは神業ですよ。あれはスゴイ」とJUJUさん。

JUJUさんは「(朝起きると)玄関を拭くんですよ、一番最初に」と変わった習慣を披露。その理由は、風水師のDr.コパさんに家を見てもらったところ、玄関の黒いタイルを見て「黒い玄関っていうのは、毎朝水拭きしないと嘘つきしか来なくなるよ」と言われたからなんだとか。

テレビやラジオでJUJUさんは3人の占い師から「今年の年末から来年の春にかけて結婚しますよ」と言われたそうです。思い当たる人は「この人だったら、この人なのかな、みたいのは……」と一応いるみたい。

優香さんは「この前、サイズ測り直したのね。すっごい太ってたの」と告白。スタイルの話になると、優香さんが小池栄子さんに「ここ(胸)全然減らないね」と指摘すると、「減らないけど、やっぱ落ちてるもん、位置が」と小池栄子さん。スタジオでは長谷川潤さんが小池栄子さんの胸を見て「ホントすごい~、イイなぁ」とうらやましそうにしてました。

髪型の話になると、JUJUさんが「これクセ毛です」と告白。なんとパーマじゃないそうです。「ストレートパーマをかけたとしても三日も持たなくて」とかなり強力なクセなんだとか。

JUJUさんは浮気された経験も告白。その恋人とは同棲していたのだけど、浮気してきたときは「連れて帰ってくる空気感が全然違う」から分かるそうです。

その浮気は、「その当時7年同棲してて。恋人同士みたいのは最初の2年間ぐらいで、後の5年ってのはもう家族だから、それはしょうがないのかなとかおもったりもした」そうです。

お気に入りスイーツは、JUJUさん「レディボーデン」で小池栄子さんが「のどごし一番 本生水羊羹」でした。

第236回

今回は、いつのまにやら恒例になった『反省会グータン』です。女性チームは、いとうあさこさんと真山景子さんと優香さん。男性チームは、前園真聖さんと坪倉由幸さんと益子卓郎さんです。

いつになく慎重な男性チーム。席順や女性チーム到着後の対応など、綿密にシミュレーションしてました。

益子卓郎さんが話すのを聞いて、「私、その喋り方が好き」と真山景子さん。真山景子さんは、趣味のウェイクボードをやりに茨城によく行くので、ちょっと訛った感じが好きなんだとか。

反省会の小手調べはこんな感じ。

坪倉
「常にリードされてましたもんね。 全部真山さん入ってきて、(話を)食われちゃうから」
益子
「大分(会話の)ボール持ってたね」
前園
「ボールキープしてたね、離さない。ラモスさんタイプだよ」

一方、真山景子さんも自分が喋り続けてたのは気付いてたようで……。

真山
「なんか私とか強すぎちゃったのかな?」
優香
「一応その、幹事と呼ばれる方が……」
真山
「ゾノさんが、サッカーに関してはプロだけど、こっち(トークの方は)……」
いとう
「(笑)だって、ゾノさん喋る人じゃないから」

今回のお店がクルーズレストランということもあって、いとうあさこさんは、「バブル時期のパーティーみたいじゃない?『彼女が水着にきがえたら』みたいな」と上機嫌。料理の取り分けも率先してやってました。男性チームの印象は……。

益子
「あさこさん人がイイし、全然イイんだよ、俺」
坪倉
「時々さ、ウソみたいだけどさ、あれっ?この人カワイイなって」
益子
「(取り分ける感じの)あれはイイ」
前園
「自然なんだよね」
坪倉
「あの手つきで優香さんの顔だったらスゲェ良かったんだけどね」

おすすめのお店を女性チームに聞かれた前園真聖さんは、「逗子マリーナの近くにゆうき食堂って定食屋があるのね、そこはホントめっちゃめちゃ美味いです」と定食屋を推薦。

いとう
「知ってた店が食堂っていうのが良くなかった?」
優香
「ああ、イイですねぇ。美味しそうだもん、話してただけで」

トークは「結婚するならどの女性?」に。前園真聖さんと坪倉由幸さんは優香さん。残る益子卓郎さんが真山景子さんを指名しました。すると真山景子さんは「私ね、私ね、(気に入ったの)卓っちなんだよ!」嬉しそう。これを聞いた益子卓郎さんは「いやぁまいったな、オイ……ホントかよ!?」と顔を真っ赤にてました。

第235回

今回は、北京で開催された東京ガールズコレクションに出演した香里奈さん、山田優さん、長谷川潤さんの3人で北京ロケした『北京グータン』です。

山田優さんは、プライベートで長谷川潤さんと仲がイイとのことで、「逆に仲が良過ぎちゃって、どこまで喋ってイイんだろうって、いつものグータンよりもドキドキしてます」と緊張の様子。

長谷川潤さんの登場シーンは、北京の街並みが妙に似合って、絵になっていたのが印象的でした。

お酒が好きだという香里奈さんと山田優さん。香里奈さんが一昨日に電話したとき、山田優さんは「ベロッベロッ」に酔ってたそうです。しかも山田優さんは、電話の最中にトイレに行ったそうで、「香里奈だからイイかなと思ってトイレしながら電話した」んだとか。

料理が次々と運ばれる中、ナマコの姿煮が登場。日本でもナマコ酢は食べますが、丸ごと食卓に上がる事は無いので、すこし引き気味の3人。

みんなで一緒に食べることになると、「あ~もぉ~無理!もぉヤダぁ」と泣きそうになる香里奈さん。結局口にするもビールで一気に流し込んでました。

「子供産もうと思った人と結婚するんじゃないかなと思う」とは山田優さん。別れるときは、フラれるよりフルことが多いそうです。付き合うと「めっちゃ尽くすタイプ」なんだとか。それでも別れると「もう戻る気なんかない。パンっって切っちゃう」そうで、相手が嫌がっても説得して別れるそうです。

香里奈さんは、「相手が100%悪いとかないじゃん、絶対」との理由で、別れるときも多少猶予があるそうです。これを聞いた2人は「大人~」と感心してました。

第234回

今回は、映画『パラダイス・キス』の男性キャストがトークをする『男グータン』。ゲストは、向井理さん、山本裕典さん、五十嵐隼士さんの3人です。

のっけから妙にハイテンションな五十嵐隼士さん。向井理さんはイメージ通り、落ち着いた感じでした。

向井理さんのプライベートを知りたいという2人。五十嵐隼士さんが「やっぱ部屋は黒いんですか?」と尋ねると、「黒い」と一言で返答。向井理さんが使ってる家具は、木目と黒の2種類で揃えているそうです。

元バーテンダーだけあって、向井理さんは酒豪のようで「飲むときは、1人でウイスキーとかだと大体3時間で1本ぐらい。芋焼酎とかだと1升」とのこと。

向井理さんが「飲んでる席とかでお芝居の話したくない」と言うと、山本裕典さんは「俺したい人」、五十嵐隼士さんは「俺どっちでもイイ人」とそれぞれ違うタイプのようです。五十嵐隼士さんの答えにスタジオはウケていて、「イイなぁ、五十嵐くん」と優香さんが言うなど、好印象だったみたい。

先輩と芝居論を語りたいという山本裕典さんに、五十嵐隼士さんが「市原隼人と飲めばイイ!」と推薦。五十嵐隼士さんによると、市原隼人さんは飲みの席で熱く芝居論を語るそうです。五十嵐隼士さんは、市原隼人さんのモノマネをしながらその様子を説明したりも。

トークは好きな女性の仕草に。向井理さんは、髪を耳に掛ける仕草が好きだそうで、「(普段)見えないものが見えるのっていうのがイイのかな」とのこと。

山本裕典さんは、メイクを落とす姿が好きなんだとか。「(メイクを)取ったときの物足りなさ?華やかさが無くなるじゃん。でもその感じが、なんか好き」だそうです。

更に山本裕典さんは、「(男)友達が気になってる(女の)子、気になっちゃう」という、ちょっと困った性質の持ち主だそうです。トラブルにならないよう、その気持ちを抑えてるので、実際に付き合ったことはないそうですが。

最後に、実は山本裕典さんも市原隼人さんのモノマネを普段してることが判明。映画『ROOKIES』の記者会見のモノマネを披露したのですが、これが結構なクオリティで似てました。

第232回

今回は、映画『プリンセス トヨトミ』の出演者、堤真一さん、綾瀬はるかさん、岡田将生さんの3人でトークします。ロケMCは今回もいません。最近の『グータン』は、変則的なのばかりで、試行錯誤してる感じですね。

ロケ前の堤真一さんのコメントは、「岡田くんは、これからどうやって伸びていくか、すごい期待できる役者さん」「綾瀬さんはね、ホントにトンチンカンな人なんで、どうやって育ってきたんだろうっていう」と2人を評価。

岡田将生さんの登場シーンでは、スタジオで優香さんが「キレイな顔!」と思わず感心。

綾瀬はるかさんにとって堤真一さんは「ホント従兄弟のおじちゃんみたいな」存在とのことで、ずっと“おいちゃん”と呼んでました。

番組MCがロケ不参加なことを受けて、堤真一さんは「俺、優香さんに会いたかったなー」と残念そう。綾瀬はるかさんと岡田将生さんは、江角マキコさんに参加して欲しかったそうです。「俺、江角さんスゲェ好きなんですよ」と岡田将生さん。

トークテーマは、“好きなタイプ”に。堤真一さんは、「異性であれば、別にもう文句は言わない」とお手上げムード。「結婚しようとか考えた人もいるけど、仕事が優先やんか」とのことで、仕事が結婚の邪魔をしてきたみたい。

岡田将生さんは、「基本、スローペースな方が好きですね」。堤真一さんに綾瀬はるかさんを薦められると、「(綾瀬さんは)スローペースじゃないですよ、マイペースですよ」と説明。

綾瀬はるかさんは、「ありきたりかもしれないけど、やっぱ優しい人がイイかな」だそうです。恋愛をすると、「安定はするかな。活力になる」そうです。

トークはいよいよ結婚に。堤真一さんは40代になるまでは、自分に余裕がなくて、家庭を持つと仕事に差し支えると思っていたそうです。「40(歳)過ぎてから、何で急に結婚したいってなったかってったら、『俺、自分の為だけに生き過ぎた』と思って、すごい反省した」とのこと。

それを中井貴一さんに言ったら、「堤、違うよ。役者って仕事は演じるだけで人の為になってんだよ。自分をそんなに責めちゃいけないよ」と語ってくれて、堤真一さんはウルッとしたそうです。

次の記事:
インデックスされるためには

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る