『男グータン』向井理, 山本裕典, 五十嵐隼士

物足りなさ

今回は、映画『パラダイス・キス』の男性キャストがトークをする『男グータン』。ゲストは、向井理さん、山本裕典さん、五十嵐隼士さんの3人です。

のっけから妙にハイテンションな五十嵐隼士さん。向井理さんはイメージ通り、落ち着いた感じでした。

向井理さんのプライベートを知りたいという2人。五十嵐隼士さんが「やっぱ部屋は黒いんですか?」と尋ねると、「黒い」と一言で返答。向井理さんが使ってる家具は、木目と黒の2種類で揃えているそうです。

元バーテンダーだけあって、向井理さんは酒豪のようで「飲むときは、1人でウイスキーとかだと大体3時間で1本ぐらい。芋焼酎とかだと1升」とのこと。

向井理さんが「飲んでる席とかでお芝居の話したくない」と言うと、山本裕典さんは「俺したい人」、五十嵐隼士さんは「俺どっちでもイイ人」とそれぞれ違うタイプのようです。五十嵐隼士さんの答えにスタジオはウケていて、「イイなぁ、五十嵐くん」と優香さんが言うなど、好印象だったみたい。

先輩と芝居論を語りたいという山本裕典さんに、五十嵐隼士さんが「市原隼人と飲めばイイ!」と推薦。五十嵐隼士さんによると、市原隼人さんは飲みの席で熱く芝居論を語るそうです。五十嵐隼士さんは、市原隼人さんのモノマネをしながらその様子を説明したりも。

トークは好きな女性の仕草に。向井理さんは、髪を耳に掛ける仕草が好きだそうで、「(普段)見えないものが見えるのっていうのがイイのかな」とのこと。

山本裕典さんは、メイクを落とす姿が好きなんだとか。「(メイクを)取ったときの物足りなさ?華やかさが無くなるじゃん。でもその感じが、なんか好き」だそうです。

更に山本裕典さんは、「(男)友達が気になってる(女の)子、気になっちゃう」という、ちょっと困った性質の持ち主だそうです。トラブルにならないよう、その気持ちを抑えてるので、実際に付き合ったことはないそうですが。

最後に、実は山本裕典さんも市原隼人さんのモノマネを普段してることが判明。映画『ROOKIES』の記者会見のモノマネを披露したのですが、これが結構なクオリティで似てました。

お店

今回のお店「ファイブ西麻布」はココ!

前の記事:
自分の為だけに生き過ぎた
次の記事:
ナマコの姿煮

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る