『グータンヌーボ』杏, 倉科カナ

程ほどにフランクで紳士的

今回は、いつもと趣向が違い、キッチンスタジオでロケを行った『ホームパーティーグータン』でした。ゲストは、ドラマ『名前をなくした女神』に出演中の杏さんと倉科カナさんです。

杏さんが「カナブン(倉科カナさん)はカレーが得意なんだよね?」と言うと、ロケMCの江角マキコさんは「カレーかぁ……。大体ね、得意料理カレーとかシチューとかっていう人ってね、あんまりしてないのよ、料理」といきなり手厳しい指摘。

杏さんは、料理が得意なようで、手際よく「アボカドのカルボナーラ」や「タコのサラダ」を作っていました。

トークは『名前をなくした女神』の話題からスタート。「デフォルメしてあるの?何か取材してるわけ?」と江角マキコさんが尋ねると、杏さんは「結構取材してて。でも現実のほうがドラマより凄いみたいな。現実を削っていかないとドラマにできないような……」と返答。

デフォルメどころか、現実はもっとドロドロしているようです。「受験当日の日にライバルのお家に消防車を呼んで……」という妨害工作をした話などがあるそうです。

好きな男性のタイプは、杏さんが「男の人で憧れるのが、やっぱり体の骨格の違いとか。筋肉は結構見るのは好きです」

倉科カナさんが「人との接し方。例えば私との接し方と、他の人との接し方を見てて、『イイなぁ、何かこの人の笑顔イイなぁ』とか」

江角マキコさんが「言葉遣い。程ほどにフランクで紳士的だと『わぁ素敵だな』って」でした。

杏さんは、大恋愛をしたことがないそうです。中学時代に何度か告白したけど、全部フラれてしまってから、恋愛に臆病になって自分からアタックできなくなってしまったんだとか。

倉科カナさんは、前回出演したとき「だいぶ上です。10以上離れてます」という人に恋してる話をしていたけど、その後の話はありませんでした。

全編を通して、なぜか倉科カナさんにだけ当たりが強かった江角マキコさん。江角マキコさんってそういうトコありますよね。

前の記事:
アザブジュバーン
次の記事:
靴下までオシャレに気を遣ってるか

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る