アクセストレード・ウェブサービスの解説

狙い目の API

数多くあるウェブサービスの中で、規模が大きいにも拘らずマイナーなのがアクセストレードが提供しているウェブサービスです。

アフィリエイトサービスプロパイダーであるアクセストレードに参加している(一部)広告主の商品データがREST API で所得できます。データを提供している企業数は50社以上と充実しており、また、それらの企業は自前ではウェブサービスを提供していないところばかりです。

2007年2月現在の主だったデータ提供元は下記リストなど。

さて、ウェブサービスを扱う上で最初の関門は、レスポンスデータの XML ドキュメントをいかにパースするかですが、アクセストレード・ウェブサービスで配布しているサンプルプログラムに PHP で作られた専用パーサー(要 Pear XML_Parser.php)が含まれているので、比較的簡単に導入できます。

アクセストレード・ウェブサービスは、まだ利用しているサイトが少ないので、狙い目のウェブサービスだと言えるでしょう。

今回のレシピ

アクセストレード
5年の実績を持つアクセストレード。報酬は毎月1,000円から振込手数料無料でお支払いします。大手企業等1,000社以上の広告を安心して利用できます。
前の記事:
コンテンツマッチ広告を併用しても良い?
次の記事:
セキュリティを強化

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る