映画『ダークナイト ライジング』感想

2012年8月第1週

今年に公開される映画の中で一番期待していた『ダークナイト ライジング』を観ました。

大方の予想通り前作の『ダークナイト』は超えていません。それでも十分に満足できたのは、エピローグが素敵だったから。結末に至る複線の張り方が上手い。

これにてノーラン版『バットマン』は一件落着。前2作を補完して、3部作を完成させる、完結編にふさわしい佳作でした。

力量も魅力も申し分ない役者がそろった中で、白眉はマイケル・ケインで間違いない。彼が本作のレベルを1段階上へ押し上げています。今回アルフレッドの出番は少ないけれど、強烈な印象を残しました。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットも良い。『インセプション』でも感じたけど、彼は意外なほどアクションが似合います。キュートな雰囲気の持ち主で、決して勇ましい顔つきではないのに。

彼が主人公のスピンオフ映画も是非観たいところです。

でも、スピンオフが一番期待されているのは、やはりアン・ハサウェイのキャットウーマンでしょう。候補に挙がったそうそうたる女優たちから選ばれたのが納得のハマり具合。

スラリとした長身なのに出るところは出てる峰不二子な体形で、更にどこか怪しげな気配をまとっていて申し分ない。『アリス・イン・ワンダーランド』の白の女王役もハマってたし、アン・ハサウェイは怪しい役が似合うようです。

Supported by APAAPI
MAFEX マフェックス BATMAN Ver.3.0 『THE DARK KNIGHT RISES』 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済みアクションフィギュア
メディア:おもちゃ&ホビー
販売価格:¥ 7,344 (参考価格: ¥ 7,344)
発売元:メディコム・トイ
発売日:2018年03月31日
在庫状況:近日発売 予約可
Amazon.co.jp に投稿されたレビューを読む
前の記事:
2012年7月第4週
次の記事:
2012年8月第2週

カテゴリー

サイト内検索

おすすめアイテム

ページの先頭へ戻る